観光施設・宿泊施設などに関する記事型広告掲載サイトです。
by kankoh-hotel
カテゴリ
以前の記事
ホテル激戦区「北上」で、このホテルにプラス1,000円の価値あり? カンデオホテルズ北上 岩手県北上市
【記事型広告 現地レポート】 2009.01.19

今や数少ない地方の成長都市、北上。

岩手県北上市。
少子高齢化が急速に進行し、人口の減少が進む地方にあっては、
ここは今や、数少ない「成長都市」のひとつだ。

昨今ではさすがに「世界同時不況」の影響を受けてはいるものの、
同規模の地方都市には無い「勢い」のようなものが感じられる。

c0108635_22435777.jpg









確かに、ここ北上市でも中心市街地の空洞化という、
地方都市共通の問題を抱えてはいるが、
人口10万人程度の地方都市にしては、
ビジネスホテルやシティホテルの数は、驚くほど多い。

しかもここ数年、その数が明らかに増えている。
ルートインや東横インなど、よく知られた顔ぶれだけでなく、
地元資本のローカルチェーンなども健在だ。

「激戦区」北上に、ワンランク上の設備・仕様で登場したホテル。

「カンデオホテルズ」という、ホテルチェーンをご存じだろうか?

ハイセンスなインテリアや展望大浴場など、「ワンランク上」
のビジネスホテルを目指し、2007年2月よりチェーン展開を開始した、
どちらかと言えば「後発」のホテルチェーンだ。
当初のファンド系の不動産会社が、「戦略子会社」として
同ホテルチェーンの運営会社を設立、
今日では親会社の資本を離れ、独自の運営を行っている。

そのチェーンの第一号店が、
CANDEO HOTELS(カンデオホテルズ)北上だ。

c0108635_2361025.jpg












場所は北上駅から徒歩20分程度の、幹線道路に面した一画にある。
クルマでのアクセスは良好だが、
駅周辺に多数のビジネスホテルがひしめく北上にあって、
この場所が「好立地」と言えるかどうかは、やや疑問ではある。

さっそくホテルの中に入ってみる。

イメージは、高級マンションのモデルルーム。

多くの人にとって「ハイセンスなインテリア」と聞くと、
何か使い古された、鼻につくキャッチコピーであろう。

しかし、エントランスからフロント、ロビーに入った瞬間の第一印象は、
高級マンションのモデルルームそのものだった。
白と黒を基調としたトーンは、好き嫌いはあるだろうが、
他のビジネスホテル・チェーンよりは確かに「ワンランク上」
と言えそうなものだった。

c0108635_2314784.jpg









では、客室はどうか?
室内の照明、カップやグラス、ポットなどの備品、
ハンガーや歯ブラシ、タオルに至るまで、すべてのデザインが
「考え尽くされた」選択だということを実感した。

細かいことで言えば、
歯ブラシやかみそりのパッケージが「透明」だということ。

また、一番印象的だったのは、
着替えが浴衣やバスローブではなく、
上下がちゃんと分かれた「館内着」だということ。
これは寝やすいだけでなく、
「恥ずかしくない」格好で、大浴場や朝食会場へ出向くことができる、
という大きなメリットがある。

なお同ホテルでは、「シモンズ社製のベッド」を強調しているようだが、
正直、特別なベッドという印象は無かった。

c0108635_2322972.jpg










展望大浴場。プラス1,000円の価値はここにあった。

同ホテルチェーンの最大の「売り」は恐らく、
最上階の「展望大浴場」であろう。
ホームページなどでその写真を見た人は、
この「付帯施設」の存在だけで同ホテルを選択している人も多いと思う。

c0108635_23263656.jpg









実際に入ってみると、ホームページで見る写真よりは、やや小さいという印象。
それでも、景色や開放感は折り紙付きだ。
なお、この展望大浴場は男女入れ替え制となっている。
日によって入れ替え時間が異なるので、予めチェックが必要といえるだろう。

洗い場には稼働アーム式の鏡があるなど、ここにも「ワンランク上」
のこだわりが垣間見える。
ちなみに、大浴場の洗面器と洗い場の椅子も「透明」のものだった。

朝食の「差」は決定的なものだった。

多くのビジネスホテルチェーンでは現在、
「無料の朝食」を打ち出している。
宿泊客がビジネスホテルを選択する場合、
実は大浴場と並んで大きな要素を占めているのが、
この「朝食」だったりもする。

このホテルでは、朝食をあえて600円で提供している。
果たして、600円の価値はあるのだろうか?

早速、6時45分のオープンと同時に、朝食レストランに出向いてみた。

c0108635_23412224.jpg









まず眼を引くのが、野菜スープなど、「健康」を意識した4種類のスープ。
バイキング形式なので、全種類を楽しむことができる。
また、ありがちなベーコンやスクランブルエッグも、
焼きたて・作りたてといった感じで、その他の食材も、
600円にしてはハイレベルと言えるものだった。

そして何よりも印象的だったのは、長方形の「取り皿」だった。
ひとつのトレイに4皿から5皿、きっちりと置くことができる。
これは丸い皿よりもはるかに使い勝手がよい。
それを意図して調達した皿なのかは不明だが、この朝食は
「もう一度食べたい」と思わせるものだった。

朝食込みで6,400円。結論は、相場プラス1,000円でも納得の内容。

一般的なビジネスホテルチェーンの地方店舗の宿泊料金は、
朝食付きで4,000円台から5,000円台。
CANDEO HOTELS(カンデオホテルズ)北上の6,400円という値段は、
昨今のビジネスホテル相場から言えば、1,000円程度は高い。

しかし、結論から言えば、
プラス1,000円程度の価値は充分にある、と思った。
インテリアに関しては趣味が分かれるとしても、
展望大浴場とこの朝食の存在だけでも、他のビジネスホテルに比べ、
1,000円多くに払う価値はある、と感じた。

蛇足だが、このホテルでは瓶ビールとおつまみのセットを
フロントにて600円で販売している。

c0108635_2356637.jpg









単にビールとつまみだけなら、自動販売機で充分なのだろうが、
ビールとグラス、豆類のつまみが入ったバスケットをフロントで手渡されると、
たったそれだけのことなのに、
なぜか、特別に贅沢なサービスを受けているような錯覚に陥った。
この600円という値段も微妙な値段ではあるが、
同じ館内にある自動販売機では、酒類を買う気がしなくなった。

ほんの少しだけ、優雅な気分?を味わいたいという人には、
このホテルはお勧めだ。

問い合わせは
CANDEO HOTELS(カンデオホテルズ)北上
by kankoh-hotel | 2009-01-19 00:11 | 岩手県 | Comments(1)
Commented by uukko at 2009-02-19 23:01
へー。宿泊してみたい、その朝食が食べてみたいとは思うんですが。。
爺ちゃん家が北上にあるので、内緒で行かないと・・です(汗
<< 伊勢志摩に特化した予約ポータル... ホテルプラザ横手アネックス、玉... >>