観光施設・宿泊施設などに関する記事型広告掲載サイトです。
by kankoh-hotel
カテゴリ
以前の記事
カテゴリ:PR特集( 5 )
【PR特集】 全国チェーン離脱後のホテルは「お買い得」か?
【記事型広告 PR特集】 2013.01.14

フランチャイズ終了後のホテルのゆくえ。
全国チェーンのホテルで、全てのホテルの土地建物を自社で所有し、全てを自社で「直営」する例は極めて稀である。
運営自体は「直営」であったとしても、土地建物は賃借である場合も多く、ましてフランチャイズとなると、ローカルなホテル運営者がチェーン本部のノウハウと看板を借りて営業している場合が多い。
こうした中、昨今では、賃貸借契約の期限終了や、フランチャイズ契約の期限終了に伴い、全国チェーンから離脱するホテルが目立っている。
さて、離脱後のホテルの建物はどうなるのだろうか?

飯能ではプリンスホテルがヘリテイジに。
2012年10月、西武飯能駅(埼玉県飯能市)の「駅ビル」に相当する建物に「ホテル・ヘリテイジ飯能sta.」がオープンした。ご承知のとおり、2012年9月までは「飯能プリンスホテル」だったホテルだ。西武の駅ビル=プリンスホテル、という図式がついに崩れた。
ヘリテイジと言えば、熊谷市郊外のリゾートホテル四季の湯温泉ヘリテイジ・リゾートを運営する、埼玉県の地元企業。ここ飯能プリンスホテルでも、宴会場とレストランについては、既にヘリテイジが賃借し、営業を行っていた。
今回の「ホテル・ヘリテイジ飯能sta.」のオープンは、西武鉄道とプリンスホテルとの賃貸借契約終了に伴い、ホテル部分の全てをヘイテイジが賃借し、営業するというもの。
ヘリテイジに変わっても、建物や客室については基本的に大きな変更は無いという。駅直結の立地で、しかもかつての「プリンスホテル仕様」の客室。ヘリテイジになって総合的に「お買い得」になったか否かの評価はこれからだと思うが、「その後のプリンスホテル」という点で、注目されるところだろう。


酒田では東急インがホテルイン酒田駅前に。
少し前になるが、2010年10月、酒田駅間にあった酒田東急インが「ホテルイン酒田駅前」へと変わった。
酒田東急インと言えば、地方都市の東急インの中では古参の部類。長い間、高い稼働率を誇っていたが、近年では後発の宿泊特化型のビジネスホテルチェーンに押され、2010年9月末で撤退。
2010年10月から営業を開始したホテルイン酒田駅前は、地元で2軒の宿泊特化型ビジネスホテルを運営する事業者が、3軒目のホテルとして運営を開始したもの。この事業者、地元ではなかなか勢いのある会社らしい。
こうして、「東急」のブランドを冠した市内最高層のホテルは、宿泊特化型の廉価な地元ビジネスホテルとして再出発した。建物や設備については古びた感は否めないが、利用客からすると「お買い得」と言えそうだ。
なお、酒田駅前では現在、再開発事業が進行中だという。老朽化した同ホテルも建て替えとなる予定で、建て替え後のホテルがどのようなカタチになるのか、こちらも注目されるところである。


再び再起を図る、横手ステーションホテル。
では、全国チェーンのホテルを引き継いだホテルは、その後どのような経緯を辿るのだろう?
横手駅前にはかつて、JTB系のホテルサンルート横手があった。このホテル、オープンから間もなく、サンルートチェーンから離れ、地元資本の「横手ステーションホテル」として長い間、運営を継続していた。
しかし、運営事業者は2011年に「破産」。横手駅前にあり、小規模ながらも「シティホテル」の風格を備えたホテルだっただけに、地元ではショッキングな出来事だったことだろう。
ところが現在、このホテルはシングル1泊2,980円という「激安ホテル」として復活している(後継の事業者などの詳細は不明)。
復活後は、宿泊者による口コミ情報も多い。ただ、その多くは「安かろう悪かろう」で納得している様子。時流に合っていると言えば合っているし、あまり手をかけない「最も合理的な運営」なのだとは思うが、なにか一抹の寂しさも感じる。


チェーン離脱後の基本は「廉価路線」?
もちろん、ここで取り上げたホテルは、全国チェーンを離脱したホテルの、ほんの一例に過ぎない。
現在でも、ローカル資本のホテルが新たに全国チェーンに「加盟」する例はあるし、全国チェーンから全国チェーンへ「移動」する例もある。
また、もともとホテル事業を運営していた事業者が、外資系のホテルチェーンとの契約を終了し、晴れて?「独り立ち」する例もあることから、「離脱」という表現は、必ずしも相応しくないのかも知れない。
さらに、既に立地とホテル名が認知されるところとなったチェーン加盟ホテルが、加盟離脱により「独立」することで、「旧○○ホテル」という履歴をそのまま活用しつつ、新たな廉価型のホテルとして再出発できる、というメリットもありそうだ。
ただ、ブランド力やネットワーク力という点では、やはり全国チェーンのパワーはまだまだ強い。ローカルホテルの「廉価路線」や「地元特化路線」にも、限界もあるだろう。
しかしそれでも、利用者からすれば、一定の水準の設備・仕様を継承して大手チェーンから離脱したホテルは、基本的には「お買い得」と言えそうだ。問題は、「旧○○ホテル」の「履歴」がいつまで効力を発するかである。
激安路線然り、地元特化路線然り。大手チェーンを離脱したホテルの真価が問われるのは、これからなのかも知れない。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


by kankoh-hotel | 2013-01-14 20:50 | PR特集 | Comments(0)
【PR特集】 「安藤忠雄作品」に泊まろう。
【記事型広告 PR特集】 2012.06.02

世界の「安藤作品」に泊まる!
安藤忠雄。
この国で「著名建築家」と言えば、まずこの人であろう。
同氏が手掛けた「作品」は、一般の住宅や商業施設、教会など、多岐にわたる。
同氏の作品は、斬新・奇抜過ぎて、あえて住み難い?設計とした住宅が有名だが、思いのほか普通っぽい?作品もあったりする。
もちろん、国内のホテルについても、いくつかの「作品」がある。
いずれも普通に予約を取って、普通に泊まれる宿だ。
これはもう、「安藤作品」に泊まるしかない(笑)。

美術館に泊まる?ベネッセハウス今や世界の安藤忠雄作品の代表作。
香川・直島のベネッセハウスは、建築にあまり興味のない人であっても、一度は泊まってみたい宿であろう。
ベネッセハウスは、「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、美術館とホテルが一体となった施設として、1992年に開館した。
「ミュージアム」「オーバル」(1995年)、「パーク」「ビーチ」(いずれも2006年)の4棟構成で、その全てが安藤忠雄氏の設計によるものである。
まさに、「美術館に泊まる」宿だ。
c0108635_7445029.jpg





淡路島では、TOTOとのコラボ作品も。
「島の美術館」と言う点では、同じ瀬戸内の淡路島にも、安藤作品のホテルがあった。
住設メーカー・TOTOグループが運営する宿TOTOシーウインド淡路である。
宿自体は、大手メーカーのアンテナショップならぬ「アンテナ宿」としての側面もあるようで、メゾネットタイプにはTOTOシステムバスルーム「スプリノ」が使用されているなど、TOTOらしさ?が随所にちりばめられているらしい。
なお、「安藤作品」という点では、自然の地形に沿った設計は印象的だが、奇抜すぎて緊張する、ということは無さそうだ。


大阪の都心にもあった、安藤作品。
「島」のホテルだけでなく、大阪の都心にも、同氏が手掛けたホテルがある。
阪急梅田駅より徒歩3分、新御堂筋に面した一画に建つアルモニーアンブラッセ大阪だ。同氏の事務所からもそう遠くない場所。
建物の上半分は、南へ向けてわざわざとんがった、なんとも奇抜なデザインだ。まるで台の上にカットされたケーキが乗っかっているかのよう。
客室数はわずか38室なのだが、部屋の面積は34~80㎡と広く、室内にはカッシーナの家具が並んでいる。いわゆるラグジュアリーホテル?というクラスなのだろう。
この種のホテルには珍しく、全室にバルコニーが付いている。室内にはDVDデッキ、加湿器付空気清浄器、ネスプレッソマシーンを完備。アメニティグッズも、ブルガリで統一しているとか。
数ある大阪のホテルの中で、唯一無二の贅沢?を味わいたいという人はぜひ、といったところだろう。


P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


by kankoh-hotel | 2012-06-02 08:30 | PR特集 | Comments(0)
【PR特集】 「女性用」の大浴場・サウナは必須?ビジネスホテル・シティホテルの新潮流。
【記事型広告 PR特集】 2012.01.05

ビジネスホテル・シティホテルの大浴場は男性天国?
この国では、あらゆる業種で「女性限定」「レディースプラン」といった商品やサービスが隆盛だ。
こうした風潮は、男性からすれば、あからさまな「性差別」のようで決して気分のよいものではないのだが、実は殆ど唯一と言ってよいくらい、「男性のみ」が優遇されている領域がある。
そう、ビジネスホテルやシティホテル、カプセルホテルなどの「大浴場」「サウナ」である。
そもそも、こうした施設では「女性用」の浴室自体が存在しないか、もしくはあっても「男女入替制」だったりする場合が多い。
しかし、その唯一残された男の園?も、どうやら過去の話となりそうだ。

男女別・大浴場の「フルセット」を備えたドーミーイン。
周知のとおり、近年はルートインやスーパーホテルなど、大浴場を完備した宿泊特化型のビジネスホテルチェーンが隆盛だ。
そんな中、一歩抜きに出た存在がドーミーインであろう。
例えば、京都駅前のドーミーインPREMIUM京都駅前
他のドーミーイン同様、「大浴場」「露天風呂」「サウナ」のいわゆる3点フルセット?が、男女別に完備されている。とくに女性用の「サウナ」がほぼ標準装備というビジネスホテルチェーンは、思いのほか少ないのが現状だ。
ホテルの場所は京都駅より徒歩3分。大浴場は最上階にあり、当然、眺望も楽しめる。内装や朝食など、決め手は大浴場以外にもあるのだが、数々の口コミ評どおり、女性に人気なのもうなづける。


ホテルである以前にスパ施設?ならば完璧か。
もっとも、単に大浴場の充実度だけを重視するならば、健康ランドなどそもそもが「スパ施設」である宿泊施設ならば、当然のことながら女性用のお風呂も「フルセット」のはずだ。
実は、大阪の中心に、ほぼそれに近いホテルがあった。
ホテルのてっぺんにお皿を載せたような建物が印象的なシティプラザ大阪~HOTEL & SPA~がそれだ。
ホテル&スパと言うだけあって、てっぺんの「お皿」は基本的にスパ施設。男女とも、複数の浴室・露天・サウナがある。しかも大阪の真ん中にあって「天然温泉」だという。
一般のビジネスホテルに比べ、宿泊料金は若干高めな気もするが、宿泊プランにはいわゆる「女子プラン」などもあり、こちらも女性にはお勧めのホテルと言えるだろう。


後発ゆえに先を読んだ?西鉄イン。やはりポイントは女性用大浴場。
では、もう少し「普通の」ビジネスホテルチェーンではどうか。
宿泊特化型のビジネスホテルチェーンという点では後発の部類に入る西鉄インが、やはり「女性用」の大浴場に着目している。
例えば、同チェーンの本店?とも言える西鉄イン博多
一見すると、ルートインやスーパーホテルと大差無いようにも見えるのだが、大浴場・サウナは男女別にしっかりと設置されている。しかも、浴室は割と大きく、大き目のロッカーまで設置されている。なお、大浴場の場所は最上階ではないため、さすがに露天風呂は無いものの、それでも一応「半露天風呂」なるものが設置されているという。
ホテルの場所は博多駅より徒歩4分。宿泊料金は早割ならばシングルで5,000円台~(2012年01月05日現在)。こちらも男女とも?お勧めのホテルだ。


東京都内でも、「女性に人気のナノミストサウナ」があるホテルを発見!
では最後に、首都・東京はどうだろう。
ルートインもスーパーホテルも、残念ながらこの巨大都市では存在感が薄い。地価水準を考えたら、悠長に?大浴場を完備するのは難しいのかも知れない。
そんな中、「ナノミストサウナ」が女性の宿泊客に人気だというホテルを発見した。
キューブホテル上野・入谷口という、2011年6月にオープンしたばかりのホテルだ。
場所は上野駅より徒歩5分。立地については賛否両論ありそうだが、建物自体は、限られたスペースをうまく使い切った「合理的なデザイナーズホテル」といった印象。浴槽のある大浴場は無いのだが、ナノミストサウナだけでも結構な開放感が味わえる。
ちなみに、客室内にはトイレと別のシャワーブースがあり、こちらにも浴槽は無い。
さすがに地方都市のビジネスホテルの「余裕」とは比べるべくもないが、東京都内の廉価なホテルという点では、これも新しいスタイルなのかも知れない。


P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


by kankoh-hotel | 2012-01-05 00:15 | PR特集 | Comments(0)
【PR特集】 アフィリエイト広告でザクザク予約が入る?箱根の激安宿「B&Bパンシオン箱根」。
【記事型広告 PR特集】 2011.11.07

アフィリエイト広告のクリック率・予約率が異様に高い?宿泊施設。
当サイト「全国観光・ホテル情報」は、ご覧のとおり、宿泊施設のアフィリエイト広告をメインとした「PRサイト」となっている。
2011年11月07日現在、840軒の宿泊施設を掲載(リンク)しているのだが、基本的には「一押し」や「お勧め」といった「濃い記事」は殆ど無く、価格や朝食など、一定の属性で宿泊施設を「並べただけ」の、あっさりとしたサイトだ。
しかし、検索エンジンで上位表示されるようになってから、同じような条件で宿泊施設を並べただけであるにもかかわらず、クリック率・予約率が「異様に」高い宿泊施設の存在が見えてきた。

「箱根」「激安宿」は検索エンジンのキラーワード?
その「異様に」歩留まりが高い宿泊施設とは?
箱根・小涌園内にあるB&Bスタイルの激安宿B&Bパンシオン箱根だ。
この宿、当サイトでは「1泊3,000円以下の宿 箱根町」というコーナーで「かろうじて」紹介しただけなのだが、該当頁への来場が1日1人いるかいないかであるにもかかわらず、かなりの確率で「予約」に至っている。
その多くは検索エンジン経由なのだが、検索ワードは「箱根」「激安」「素泊まり」「1泊3,000円以下」など、なんともストレートな?ものだった。
箱根と言えば、首都圏近郊という手頃さもあり、老若男女に「不動の人気」を誇る保養地。しかし、どちらかと言えば「激安宿」ではなく、「高級旅館」「リゾートホテル」のイメージが強いせいか、激安宿といった掘り出しもの?に対するニーズも高いらしい。


B&Bスタイルであっても、館内にはしっかりした大浴場あり。
では、「激安」「箱根」で検索され、ヒットしたB&Bパンシオン箱根は、一体どんな宿なのか。
その名のとおり、B&B(ベッド&ブレックファースト)スタイルという、簡素なシステムであることは分かる。
まあ、せっかく箱根に泊まるのだから、豪華2食付きで、出来れば部屋食、という人からすれば最初からパス、という宿なのだろうが、昨今では「大浴場」と「部屋」さえあればよい、という人も多い。
その点、この宿はB&Bスタイルとは言え、写真のとおり、割としっかりとした大浴場がある。客室に関しても、高級リゾートホテルとまではいかないが、一応それなりに体裁は整えているように見える。ユースホステルやドミトリーみたい、ということはない(笑)。


朝食は質素なパンとコーヒー。それでもアウトバスのシングルが1泊2,000円~!
一方、朝食はどうか。
B&Bらしく、写真のような、焼き立てのパンとコーヒーが出る。当然セルフサービスだ。
昨今では、比較的廉価なビジネスホテルでも、ボリュームがあり、料理の種類も豊富な「無料朝食」を出しているだけに、正直ものたりない、という人はいるだろう。
しかしそれでも、料金の「安さ」には勝てない(笑)。
ツインで1人あたり1泊3,000円~、アウトバスのシングルに至っては、なんと1泊2,000円~だ(2011年11月07日現在)。箱根の宿でシングルがあること自体、少々驚きなのだが、昨今では温泉旅館でも「1人旅」の受け入れが進んでいる。
この爆安シングルルームに関しては、正直、激烈にお勧め?と言わざるを得なくなった。。。


予約は
B&Bパンシオン箱根

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


by kankoh-hotel | 2011-11-07 21:00 | PR特集 | Comments(0)
【PR特集】 カレー戦争勃発!朝カレーにご当地カレー、お土産カレーで勝負するビジネスホテル業界。
【記事型広告 PR特集】 2011.08.22

ビジネスホテル業界では今、カレーライスの熱い戦いが・・・
カレーライスと言えば、今や日本を代表する?国民食的なメニューのひとつ。昨今では「朝カレー」のブームなどもあり、カレー商戦を巡る環境は、かつてないほど熱くなっている。
当然、こうした動きにビジネスホテル業界も無縁ではなく、現在多くのホテルが様々な商品で「カレー戦争」に参戦している。その「戦法」もまた、実に多種多様だ。

ネーミングからしてパンチが効いている?アパ社長カレー。
なかでも、とくに話題になっているのが、元谷芙美子社長自ら広告塔を務めるアパホテルズ&リゾーツの「アパ社長カレー」だ。
同商品は現在、アパホテル東京潮見駅前など、同チェーンの複数のホテルで、レストランのメニューとして、またお土産用のレトルトパックとして販売されている。
今年4月にアパホテル東京潮見駅前で開催された「試食会」では、「パンチの効いた濃い味」のルーと、同グループ発祥の地・石川県では一般的だという「千切りキャベツ」とカレーの「絶妙な組み合わせ」が披露されたが、これはお世辞抜きに美味かった。一度食べた人が「お土産」でレトルトパックを買って帰るのも分かる。。。


ルートインは「発祥の地」にちなんだ上田カリーで勝負。
ホテルチェーン「発祥の地」にちなんだカレーと言う点では、実はあのルートインホテルズも展開が早かった。
今や全国に200店舗以上という一大勢力となったルートイン。それでも、その「発祥の地」上田への敬意?の現われなのか、ルートインオリジナルの「上田カリー」を商品化、同チェーンのうちホテル ルートイン上田など約150店舗で夕食のメニューなどで提供している。レトロ&モダンをテーマに、とことんルーにこだわったオリジナルのカレーだという。
こちらもアパホテル同様、ネット通販などでレトルトパックの商品も販売しており、一部のホテルでは、このカレーライスを組み込んだ宿泊プランなども販売している。


なんと、夕食に「無料のカレー」を提供する東横イン。
ルートインと言えば、同チェーンと全国各地で「激突」しているのがご存じ東横インだ。
かつては、無料朝食なら東横イン、大浴場ならルートイン、といった形で、ある程度棲み分け?が出来ていたようにも思えたのだが、数年前にルートインが「朝食無料宣言」を発令。後付けで大浴場を設置するのが難しい東横インは、やや分が悪くなったように見えた。
しかし、この勝負を振り出しに戻したのが、実はカレーライスだった(笑)。
なんと、東横イン佐賀駅前など一部の店舗で、限定数ながらも夕食にカレーライスを「無料」で提供していたのだ。
昨今では、無料の朝食は当たり前になってきたせいか、更に夕食まで無料で提供するビジネスホテルがじわじわと増えてはいる。
それにしても、あの東横インが・・・である。


セレクトインの無料朝食は「朝カレー」が目玉?
もちろん、カレーライスに注力しているのは、いわゆる業界大手のチェーンだけではない。2011年8月現在、21店舗を運営するセレクトインもそのひとつであろう。
こちらのチェーンでは、「朝カレー」が無料朝食の「目玉」となっている。
例えば、下の写真はホテルセレクトイン山形駅東口の朝カレー。パン・スープ・サラダ・果物・ジュース・コーヒー付きと、無料朝食にしてはなかなかの大盤振る舞い?とあってか、その評判が口コミで広がっているとのこと。


もちろん、紹介したホテルチェーン以外にも「カレーライス」で勝負をかけている?ホテルは少なくない。
今さらながら、ではあるが、カレーライスと言えば「国民食」。この業界でも当分はホットな「カレー戦争」が続きそうだ。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


by kankoh-hotel | 2011-08-22 16:30 | PR特集 | Comments(0)