観光施設・宿泊施設などに関する記事型広告掲載サイトです。
by kankoh-hotel
カテゴリ
以前の記事
<   2009年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧
福岡ユースホステル、洋室ツインルームで「受験生歓迎プラン」を提供、1泊1人2,850円 福岡県福岡市
【記事型広告 ニュース】 2009.01.31
c0108635_23582723.jpg福岡ユースホステル(福岡市博多区博多駅南6-7-23)は現在、ツインルーム1泊5,700円(1名当たり2,850円)の「受験生歓迎プラン」を提供している。
プランは洋室ツインの部屋を使用するもので、エアコン・無料テレビ・クローゼット完備(バス・トイレは共用設備を利用)。なお、受験勉強には32席ある食堂を深夜まで使用できる。ユースホステルと言えば「2段ベッドの相部屋」というイメージが強いが、昨今では洋室・和室の個室を提供するところが増えているという。

問い合わせは
福岡ユースホステル

by kankoh-hotel | 2009-01-31 23:59 | 福岡県 | Comments(0)
グリーンバレー白馬、4種類の「露天風呂付きの貸別荘」をオープン 長野県白馬村
【記事型広告 ニュース】 2009.01.25
c0108635_2145773.jpg長野県白馬村の貸別荘グリーンバレー白馬(長野県北安曇郡白馬村神城)はこのほど、「露天風呂付きの貸別荘」をオープンした。写真は露天風呂付きエグゼクティブタイプ。
露天風呂付きの貸別荘は、「露天風呂付きログハウス」「露天風呂付きエグゼクティブ」「露天風呂付きペットログハウス」「露天風呂付きスタンダード」の4種類。各棟とも、チェックインからチェックアウトまで24時間入浴が可能。利用料金は各棟の料金(利用人数、シーズンにより異なる)プラス4,200円から。

問い合わせは
グリーンバレー白馬

by kankoh-hotel | 2009-01-25 21:04 | 長野県 | Comments(0)
昭和レトロなデバートの特大ソフトクリーム。「街なか」では希少な宿、ホテル花城。 岩手県花巻市
【記事型広告 コラム 2009.01.24

by kankoh-hotel | 2009-01-24 00:19 | 岩手県 | Comments(0)
日和山ホテル、素泊まり3,800円の「島耕作ビジネス出張プラン」を提供 山形県酒田市
【記事型広告 ニュース】 2009.01.22
c0108635_056837.jpg日和山ホテル(山形県酒田市)は現在、素泊まり3,800円の「島耕作ビジネス出張プラン」を提供している。
同ホテルは酒田市の繁華街まで徒歩6分の立地。酒田港・日和山公園に程近く、散策も楽しめる。建物は純和風の旅館風だが、客室は和室・洋室など様々なタイプがある。女将自慢の地物による手作り料理が自慢だという。
「島耕作ビジネス出張プラン」は、シングルルーム・3,800円の素泊まりプランで、客室内ではインターネット無線LAN接続が無料。大浴場も24時間利用できる。朝食(600円)、夕食(1500円~2500円、ステーキ、刺身など)も別途利用可能。

問い合わせは
日和山ホテル

by kankoh-hotel | 2009-01-22 00:56 | 山形県 | Comments(0)
伊勢志摩に特化した予約ポータルサイト「伊勢志摩の旅 よいとこせ 四季の宿探し」が登場 三重県伊勢市
【記事型広告 コラム】 2009.01.19


ホテルや旅館の予約。
インターネットで地域名やホテル名、旅館名などを検索すると、
そのホテルや旅館のオリジナルのホームページが、
検索上位に表示されることはあまり無い。

なぜなら、
ホテルや旅館の予約を専門に扱う「ポータルサイト」が隆盛だからだ。
これらのサイトは殆どの場合、
「全国区」で膨大な数のホテルや宿泊施設を扱っている。

当然こうしたサイトは、強力なSEO対策やリスティング広告などを通じ、
自社サイトに誘導するよう、凌ぎを削っているわけだから、
ホテル名や旅館名、場合によっては地域名で検索しても、
上位表示されるサイトは大半が「ポータルサイト」ということになる。

もちろん、
こうしたサイトは情報量が膨大であり、
宿を選択するユーザーの目線からしても、
極めて大きなウェートを占める情報源であるため、
ホテルや旅館にとっても大いに「頼りになる」存在だ。

しかし、
これだけポータルサイトが増えてしまうと、
どのサイトを見てもあまり変わり映えしない、という印象も強い。
検索エンジンやリスティング広告を駆使し、同じ宿の予約を
いかにして「先に釣るか」という勝負にもなりがちだ。

こうしたなか、
一風変わった「ポータルサイト」が登場した。
伊勢志摩の旅 よいとこせ「四季の宿探し」がそれだ。

全国区ではなく、
「伊勢志摩」に絞り込んだ、地域限定のポータルサイトとなっている。

サイトを運営するのは、三重県伊勢市のケーブルテレビ運営会社。
地元メディアが、宿の予約まで踏み込んだサイトを運営する例は珍しい。

その内容を見ると、
ホテルや旅館の検索・予約機能のほか、周遊プランや体験プラン、
食事処や釣り情報など、「地域」を深く掘り起こしたコンテンツを豊富に掲載、
「観光協会」並みか、それ以上の充実度だ。

また、サイト上では、観光施設や食事処、レンタカーなど、
幅広い施設やサービスで優待・割引が受けられる「割引手形」も発行している。
このサイト経由でしか受けられない「特典」と言えるだろう。

多くの全国区のポータルサイトが、自社サイトへの「囲い込み」
を図るなか、同サイトでは地域単位での「囲い込み」を図っている格好だ。

もちろん、ここに広告を出稿しているホテルや旅館は、
同じ地域内だけに、直接競合する「敵同志」。

当然、同じ土俵での競争はシビアになるが、
それ以前に、数ある観光地の中から、まずは「伊勢志摩」を選択してもらおう、
という強い意気込みが感じられる。

一度は訪れたい「お伊勢さん」。
ここを訪れるならば、同サイトは最強の「情報源」となることだろう。
by kankoh-hotel | 2009-01-19 10:15 | 三重県 | Comments(0)
ホテル激戦区「北上」で、このホテルにプラス1,000円の価値あり? カンデオホテルズ北上 岩手県北上市
【記事型広告 現地レポート】 2009.01.19

今や数少ない地方の成長都市、北上。

岩手県北上市。
少子高齢化が急速に進行し、人口の減少が進む地方にあっては、
ここは今や、数少ない「成長都市」のひとつだ。

昨今ではさすがに「世界同時不況」の影響を受けてはいるものの、
同規模の地方都市には無い「勢い」のようなものが感じられる。

c0108635_22435777.jpg









確かに、ここ北上市でも中心市街地の空洞化という、
地方都市共通の問題を抱えてはいるが、
人口10万人程度の地方都市にしては、
ビジネスホテルやシティホテルの数は、驚くほど多い。

しかもここ数年、その数が明らかに増えている。
ルートインや東横インなど、よく知られた顔ぶれだけでなく、
地元資本のローカルチェーンなども健在だ。

「激戦区」北上に、ワンランク上の設備・仕様で登場したホテル。

「カンデオホテルズ」という、ホテルチェーンをご存じだろうか?

ハイセンスなインテリアや展望大浴場など、「ワンランク上」
のビジネスホテルを目指し、2007年2月よりチェーン展開を開始した、
どちらかと言えば「後発」のホテルチェーンだ。
当初のファンド系の不動産会社が、「戦略子会社」として
同ホテルチェーンの運営会社を設立、
今日では親会社の資本を離れ、独自の運営を行っている。

そのチェーンの第一号店が、
CANDEO HOTELS(カンデオホテルズ)北上だ。

c0108635_2361025.jpg












場所は北上駅から徒歩20分程度の、幹線道路に面した一画にある。
クルマでのアクセスは良好だが、
駅周辺に多数のビジネスホテルがひしめく北上にあって、
この場所が「好立地」と言えるかどうかは、やや疑問ではある。

さっそくホテルの中に入ってみる。

イメージは、高級マンションのモデルルーム。

多くの人にとって「ハイセンスなインテリア」と聞くと、
何か使い古された、鼻につくキャッチコピーであろう。

しかし、エントランスからフロント、ロビーに入った瞬間の第一印象は、
高級マンションのモデルルームそのものだった。
白と黒を基調としたトーンは、好き嫌いはあるだろうが、
他のビジネスホテル・チェーンよりは確かに「ワンランク上」
と言えそうなものだった。

c0108635_2314784.jpg









では、客室はどうか?
室内の照明、カップやグラス、ポットなどの備品、
ハンガーや歯ブラシ、タオルに至るまで、すべてのデザインが
「考え尽くされた」選択だということを実感した。

細かいことで言えば、
歯ブラシやかみそりのパッケージが「透明」だということ。

また、一番印象的だったのは、
着替えが浴衣やバスローブではなく、
上下がちゃんと分かれた「館内着」だということ。
これは寝やすいだけでなく、
「恥ずかしくない」格好で、大浴場や朝食会場へ出向くことができる、
という大きなメリットがある。

なお同ホテルでは、「シモンズ社製のベッド」を強調しているようだが、
正直、特別なベッドという印象は無かった。

c0108635_2322972.jpg










展望大浴場。プラス1,000円の価値はここにあった。

同ホテルチェーンの最大の「売り」は恐らく、
最上階の「展望大浴場」であろう。
ホームページなどでその写真を見た人は、
この「付帯施設」の存在だけで同ホテルを選択している人も多いと思う。

c0108635_23263656.jpg









実際に入ってみると、ホームページで見る写真よりは、やや小さいという印象。
それでも、景色や開放感は折り紙付きだ。
なお、この展望大浴場は男女入れ替え制となっている。
日によって入れ替え時間が異なるので、予めチェックが必要といえるだろう。

洗い場には稼働アーム式の鏡があるなど、ここにも「ワンランク上」
のこだわりが垣間見える。
ちなみに、大浴場の洗面器と洗い場の椅子も「透明」のものだった。

朝食の「差」は決定的なものだった。

多くのビジネスホテルチェーンでは現在、
「無料の朝食」を打ち出している。
宿泊客がビジネスホテルを選択する場合、
実は大浴場と並んで大きな要素を占めているのが、
この「朝食」だったりもする。

このホテルでは、朝食をあえて600円で提供している。
果たして、600円の価値はあるのだろうか?

早速、6時45分のオープンと同時に、朝食レストランに出向いてみた。

c0108635_23412224.jpg









まず眼を引くのが、野菜スープなど、「健康」を意識した4種類のスープ。
バイキング形式なので、全種類を楽しむことができる。
また、ありがちなベーコンやスクランブルエッグも、
焼きたて・作りたてといった感じで、その他の食材も、
600円にしてはハイレベルと言えるものだった。

そして何よりも印象的だったのは、長方形の「取り皿」だった。
ひとつのトレイに4皿から5皿、きっちりと置くことができる。
これは丸い皿よりもはるかに使い勝手がよい。
それを意図して調達した皿なのかは不明だが、この朝食は
「もう一度食べたい」と思わせるものだった。

朝食込みで6,400円。結論は、相場プラス1,000円でも納得の内容。

一般的なビジネスホテルチェーンの地方店舗の宿泊料金は、
朝食付きで4,000円台から5,000円台。
CANDEO HOTELS(カンデオホテルズ)北上の6,400円という値段は、
昨今のビジネスホテル相場から言えば、1,000円程度は高い。

しかし、結論から言えば、
プラス1,000円程度の価値は充分にある、と思った。
インテリアに関しては趣味が分かれるとしても、
展望大浴場とこの朝食の存在だけでも、他のビジネスホテルに比べ、
1,000円多くに払う価値はある、と感じた。

蛇足だが、このホテルでは瓶ビールとおつまみのセットを
フロントにて600円で販売している。

c0108635_2356637.jpg









単にビールとつまみだけなら、自動販売機で充分なのだろうが、
ビールとグラス、豆類のつまみが入ったバスケットをフロントで手渡されると、
たったそれだけのことなのに、
なぜか、特別に贅沢なサービスを受けているような錯覚に陥った。
この600円という値段も微妙な値段ではあるが、
同じ館内にある自動販売機では、酒類を買う気がしなくなった。

ほんの少しだけ、優雅な気分?を味わいたいという人には、
このホテルはお勧めだ。

問い合わせは
CANDEO HOTELS(カンデオホテルズ)北上
by kankoh-hotel | 2009-01-19 00:11 | 岩手県 | Comments(1)
ホテルプラザ横手アネックス、玉川北投石の岩盤浴と朝食をセットにしたビジネスプランを提供 秋田県横手市
【記事型広告 ニュース】 2009.01.17
c0108635_092443.jpgホテルプラザ横手アネックス(秋田県横手市)は現在、玉川北投石の岩盤浴と朝食をセットにしたプラン「朝食・岩盤浴付エグゼクティブビジネスプラン」を提供している。
同ホテルはJR横手駅より徒歩1分の立地。いわゆる一般的なビジネスホテルだが、館内に展望大浴場があるほか、隣接する本館ゆうゆうプラザには本格的な大浴場や露天風呂などがある。
「朝食・岩盤浴付エグゼクティブビジネスプラン」では、同館内の展望温泉、隣接する本館ゆうゆうプラザ大浴場・露天風呂が無料で利用できるほか、玉川産北投石の岩盤浴1回分が無料でサービスされる。ビジネスホテルで温泉施設や岩盤浴が利用できるプランは珍しいという。プラン価格は8,000円から。

問い合わせは
ホテルプラザアネックス横手

by kankoh-hotel | 2009-01-17 00:09 | 秋田県 | Comments(0)
青森ワシントンホテル、海側・山側を指定できる上階部屋「確約」プランを発売 青森県青森市
【記事型広告 ニュース】 2009.01.08
c0108635_125205.jpg青森ワシントンホテル(青森県青森市)は現在、ホテル最上階の12階(喫煙フロア)または11階(禁煙フロア)での宿泊を「確約」するプラン「上階確約♪海側 or 山側★指定プラン」を提供している。
同ホテルはJR青森駅より徒歩15分、青森市の中心市街地の立地。建物は12階までの吹き抜けが印象的で、伝統工芸の「七々子塗」やヒバ材を用いた内装が特長。今回提供する「上階確約♪海側 or 山側★指定プラン」の対象となる11階・12階の客室からは、向きのよって山側、海側の景観が楽しめる。部屋からの景観も、海側、山側を選択することが可能だという。プラン価格は、朝食付きが8,700円~、朝食無しが7,500円~。
※写真:客室から臨む海側の景観(じゃらんnet提供)

問い合わせは
青森ワシントンホテル

by kankoh-hotel | 2009-01-08 01:29 | 青森県 | Comments(0)
ホテルリステル浜名湖、露天風呂のオープン7周年を記念し、2月7日に記念花火大会を開催 静岡県浜松市
【記事型広告 ニュース】 2009.01.07
c0108635_22454870.jpgホテルリステル浜名湖(静岡県浜松市)は、同ホテル露天風呂「煌天の湯」のオープン7周年を記念し、2月7日に記念花火大会を開催する。
花火大会当日は、19時30分より地元の奉納太鼓が披露され、手筒花火、打ち上げ花火、湖上花火は20時より実施し、20時30分に終了する予定となっている。なおこの日は、室数限定の特別ブランも設定されており、自慢のディナーバイキングに、3種類より選択が可能な特選メイン料理が付くという。プラン料金は2名1室利用で14,000円~。

問い合わせは
ホテルリステル浜名湖

by kankoh-hotel | 2009-01-07 22:57 | 静岡県 | Comments(0)
札幌での出張、観光に「サウナ」「カプセルホテル」という選択肢。スパ&ホテル アビネル 北海道札幌市
【記事型広告 コラム】 2009.01.05
24時間営業のサウナや、カプセルホテル。
多くの人がイメージするところは、終電に乗り遅れた「ほろ酔い客」ご用達の「簡易宿泊施設」といったところだろう。

しかし昨今では、こうした施設に泊まると、地元の「ほろ酔い客」に混じり、明らかに出張や観光とおぼしき「旅行者」の存在が、驚くほと多いことに気付くはずだ。



ここ札幌のスパ&ホテル アビネルも、そのひとつ。サウナ付の大浴場に食事処、典型的なカプセルルームで構成された、ごく一般的なサウナ&カプセルホテルだ。所在地は地下鉄南北線「すすきの駅」4番出口より徒歩3分。まさに札幌の中心と言える場所だ。

素泊まりならば、この大浴場でたっぷり休んで泊まって2,900円。完全個室ではない、という点を除けば、ビジネスホテルよりも相当に「お買い得」であると言えるだろう。なお、貴重品はロッカーもしくはフロントに預けることで、一応のセキュリティーは確保される。
欲を言えば、3,900円で提供されているデラックスルームが「完全個室」であったならば、ほぼ完璧と言えそうだ。

昨今では、多くのビジネスホテルが「大浴場」をこぞって設置し始めているが、その背景には、こうしたサウナ&カプセルホテルの存在が見え隠れする。逆を言えば、サウナ&カプセルホテルが、それだけ「旅行者」に受け入れられてきたという証拠であろう。

ちなみに「飛び入り」のイメージが強いサウナ&カプセルホテルだが、「旅行者」を見据えてか、昨今ではwebサイトなどで積極的に「予約」を取る例も増えてきた。

札幌での「お買い得」な宿泊には、まず予約が必要といったところだろう。

問い合わせは:スパ&ホテル アビネル
by kankoh-hotel | 2009-01-05 17:04 | 北海道 | Comments(0)