観光施設・宿泊施設などに関する記事型広告掲載サイトです。
by kankoh-hotel
カテゴリ
以前の記事
<   2009年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
不況は追い風?研修・会議需要を取り込みはじめたリゾート施設「マホロバ・マインズ三浦」 神奈川県三浦市
【記事型広告 コラム】 2009.03.30

世界同時不況の影響は深刻だ。
ここ東京・都心部でも、企業の破たんや縮小、コスト削減を目的とした移転などで、オフィスの空室率が急上昇しているという。

しかしその一方で、新手のビジネス「貸し会議室運営会社」が隆盛を極めている。各企業がこれまで「自前」で賃借していたオフィスフロア(会議室スペース)を解約、必要なときに、必要な時間だけ借りる「タイムリーサービス」にシフトしたためだ。

こうしたなか、都心から約1時間、神奈川県の三浦半島に位置するリゾートホテル「マホロバ・マインズ三浦」では、こうした企業の「研修・会議需要」の取り込みに力を入れている。




ホテルの場所は、京急「三浦海岸」駅最寄り、太平洋を望む一画。
宿泊・飲食施設のほか、クアパークやフィットネス施設などを備えた、本格的なリゾートホテルだ。

同ホテル内で、研修や会議などに使用可能な会議室は全24室。都内の貸し会議室でも、これだけの部屋数を備えた施設は珍しい。
利用料金は、例えば96㎡・スクール形式63名の部屋で1時間当たり6,300円。都内の貸し会議室に比べ、ほぼ半額ほどの料金だ。
しかも、これを都内のシティホテルで同様の部屋を借りるとなると、半額どころか、4分の1程度ということになる。

場合によっては、
リゾートホテルでの宿泊や飲食を伴う研修・会議の方が、都内で実施する日帰りでの研修・会議よりも、トータルで見て「安上がり」になる可能性もあるという。




企業の研修・会議といっても、内容は様々だ。
社員の慰安旅行を兼ねたものもあれば、提携する代理店や得意先を招待し、レクチャーを行うものもある。

とくに後者については、研修や会議が即「営業」でもあるため、同じ料金で都内のシティホテルを借りるより、オーシャンビューの部屋でくつろげて、しかも海の幸やスパ施設付きのパッケージの方が、よりインパクトの強い「販促」として機能することだろう。

都内の貸し会議室は、とくに広めの部屋ほど「満室稼働」が続いているという。
同ホテルが、低廉な会議室料金と充実した宿泊・食事というサービスをどれだけアピールできるか、今後の動きに注目したい。
by kankoh-hotel | 2009-03-30 11:41 | 神奈川県 | Comments(0)
路面電車は今でも健在。再開発が進んでも街の「顔」は変わらず 富山県富山市
【フォトアルバム アーカイブス】 2009.03.09
撮影:2007年8月
c0108635_18164267.jpg












ここ富山市では、路面電車が今日でも健在だ。写真は、街づくりの「成功例」として全国的に注目を集めている富山ライトレールではなく、古くからある富山地方鉄道の市内線。
再開発が進む中心市街地だが、古びた百貨店と伝統的な路面電車は良く似合う。盛夏の北陸は、想像以上に暑く、日差しも強かった。

PR■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
by kankoh-hotel | 2009-03-09 18:17 | 富山県 | Comments(0)
建設途中の複合開発ビル「岐阜シティ・タワー43」。都市が生まれ変わる瞬間のヒトコマ。 岐阜県岐阜市
【フォトアルバム アーカイブス】 2009.03.09
撮影:2006年8月
c0108635_17203128.jpg












JR岐阜駅前にそびえる、複合開発ビル「岐阜シティ・タワー43」。岐阜の新しいシンボルとして、2007年10月にオープンした。写真はオープンより約1年前のものだが、建設途中ながらも既にその「威容」を誇る。
工事の槌音響く駅前広場と、その全貌を現し始めた再開発ビル。都市が「生まれ変わる」瞬間のひとコマだ。

PR■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
by kankoh-hotel | 2009-03-09 17:20 | 岐阜県 | Comments(0)
名古屋栄東急イン、花粉症対策を施した客室「スーパークリーンルーム」を提供 愛知県名古屋市
【記事型広告 ニュース】 2009.03.08
c0108635_22524820.jpg名古屋栄東急インは現在、花粉症対策を施した客室「スーパークリーンルーム(花粉症すっきり爽快ルーム)」を提供している。
「スーパークリーンルーム」は、室内の花粉を除去し、室内に花粉を持ち込まないことをコンセプトに開発した、室内の空気にこだわった特別な客室。ホテル1階フロント横に花粉除去用のエアシャワーを設置したほか、客室内には空気清浄機、外気浄化フィルタを設置した。
また、衣類用の花粉付着防止スプレー、保湿ティッシュ、抑アレルギー作用のあるペパーミントティー、花粉症の緩和に効果があるとされる甜茶の成分が入った「甜茶喉飴(てんちゃのどあめ)」、花粉用超立体マスクなども用意したほか、清掃時には「ダイソン社」のサイクロン型掃除機を使用し、窓を開けずに清掃を行うなど、花粉が飛散しないよう細心の注意を払い、客室を提供するという。
プラン料金はシングルルーム6,550円~、ツインルーム10,950円~。

問い合わせは
名古屋栄東急イン

by kankoh-hotel | 2009-03-08 22:53 | 愛知県 | Comments(0)
江の島で見つけた、19世紀末から20世紀前半の異空間「湘南江の島香水瓶美術館」 神奈川県藤沢市
【フォトアルバム アーカイブス】 2009.03.07
撮影:2008年12月
c0108635_2145727.jpg












江ノ電・江ノ島駅から江ノ島へ向かう州鼻通り。その一画に私設の美術館「湘南江の島香水瓶美術館」がある。一目でそれと分かる、可愛らしくも美しい、黄色い建物が目印だ。
「香水瓶」にスポットを当てた珍しい美術館だが、館内には19世紀末から20世紀前半の雰囲気が漂い、ここ江の島でも一種「異空間」を感じる場所となっている。開館時間は午前10時~午後5時(7月20日~8月20日は午前10時~午後7時)、定休日は毎週月曜日。入館料は大人500円、子供300円。

PR■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
by kankoh-hotel | 2009-03-07 21:48 | 神奈川県 | Comments(0)
今なお新陳代謝を繰り返しつつ発展を続ける新しいマチ、万代シティ。 新潟県新潟市
【フォトアルバム アーカイブス】 2009.03.07
撮影:2008年1月
c0108635_0332250.jpg












日本海側最大の都市・新潟市。その中心市街地の一画に、1971年より順次開発が進められた新しいマチ「万代シティ」がある。シティ内には百貨店や専門店街、展望台、ホテル、オフィスビル、パーキングビルなどが並び、一部店舗の閉鎖とリニューアルを繰り返しつつ、「新陳代謝」しながら今日まで発展を続けてきた。
これだけの規模の開発が、40年近くも前に、しかも新潟交通という、バス会社1社によって遂行されたという事実に、驚愕を覚えずにはいられなかった。

PR■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
by kankoh-hotel | 2009-03-07 00:32 | 新潟県 | Comments(0)
商店街のルネサンス?城下町に出現した、新しい形態の美しい商店街 長野県松本市
【フォトアルバム アーカイブス】 2009.03.06
撮影:2006年8月
c0108635_23111673.jpg












城下町の古い街並みと、近代的な建物が混在する長野県松本市。その中心市街地・本町通りを中心とした一画に、そこだけ切り取られたテーマパークのように美しい、新しい形態の商店街がある。「ルネサンス倶楽部」というらしい。
数十年後には、平成レトロ?のクラシカルな街並みとして、再び脚光を浴びることだろう。

PR■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
by kankoh-hotel | 2009-03-06 23:11 | 長野県 | Comments(0)
甲府市の中心市街地活性化事業による3世代交流施設「銀座街の駅」 山梨県甲府市
【フォトアルバム アーカイブス】 2009.03.06
撮影:2006年8月
c0108635_1518179.jpg












空洞化が進む甲府市の中心市街地活性化事業の一環として、平成17年にオープンした「銀座街の駅(ぎんざまちのえき)」。商店街の一画にあり、高齢者向けの憩いの場と、子育て支援施設が入居する。
この日はあいにくの雨だったが、アーケード内にあるこの施設だけは、ほんのりとやさしい明かりを放っていた。

PR■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
by kankoh-hotel | 2009-03-06 15:17 | 山梨県 | Comments(0)
浦和ワシントンホテル、点検作業に伴う「停電」の日限定で割引プランを販売 埼玉県さいたま市
【記事型広告 ニュース】 2009.03.04
c0108635_2027898.jpg浦和ワシントンホテルは、同ホテルの点検作業に伴い、5月11日未明に「停電」となることから、5月10日宿泊分に限り、通常価格よりも大幅に安い「停電プラン」を販売する。
「停電」となるのは、5月11日未明の午前1時~5時。時間中は室内電気、客用エレベーター、室内時計など全ての電気供給がストップする。プラン価格は禁煙タイプ・客室数限定のシングルルームで5,500円~。
深夜1時から5時までと言えば、普通であれば熟睡中につき、「停電」には気がつかない時間帯だ。トイレや緊急時の対応などは直接問い合わせる必要がありそうだが、通常は7,000円~9,000円の部屋だけに、格安料金で普段は体験できない「非日常」を求める人にはお買い得なプランだろう。

問い合わせは
浦和ワシントンホテル

by kankoh-hotel | 2009-03-04 20:27 | 埼玉県 | Comments(0)