人気ブログランキング |

観光施設・宿泊施設などに関する記事型広告掲載サイトです。
by kankoh-hotel
カテゴリ
以前の記事
【PR特集】 「安藤忠雄作品」に泊まろう。
【記事型広告 PR特集】 2012.06.02

世界の「安藤作品」に泊まる!
安藤忠雄。
この国で「著名建築家」と言えば、まずこの人であろう。
同氏が手掛けた「作品」は、一般の住宅や商業施設、教会など、多岐にわたる。
同氏の作品は、斬新・奇抜過ぎて、あえて住み難い?設計とした住宅が有名だが、思いのほか普通っぽい?作品もあったりする。
もちろん、国内のホテルについても、いくつかの「作品」がある。
いずれも普通に予約を取って、普通に泊まれる宿だ。
これはもう、「安藤作品」に泊まるしかない(笑)。

美術館に泊まる?ベネッセハウス今や世界の安藤忠雄作品の代表作。
香川・直島のベネッセハウスは、建築にあまり興味のない人であっても、一度は泊まってみたい宿であろう。
ベネッセハウスは、「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、美術館とホテルが一体となった施設として、1992年に開館した。
「ミュージアム」「オーバル」(1995年)、「パーク」「ビーチ」(いずれも2006年)の4棟構成で、その全てが安藤忠雄氏の設計によるものである。
まさに、「美術館に泊まる」宿だ。
c0108635_7445029.jpg





淡路島では、TOTOとのコラボ作品も。
「島の美術館」と言う点では、同じ瀬戸内の淡路島にも、安藤作品のホテルがあった。
住設メーカー・TOTOグループが運営する宿TOTOシーウインド淡路である。
宿自体は、大手メーカーのアンテナショップならぬ「アンテナ宿」としての側面もあるようで、メゾネットタイプにはTOTOシステムバスルーム「スプリノ」が使用されているなど、TOTOらしさ?が随所にちりばめられているらしい。
なお、「安藤作品」という点では、自然の地形に沿った設計は印象的だが、奇抜すぎて緊張する、ということは無さそうだ。


大阪の都心にもあった、安藤作品。
「島」のホテルだけでなく、大阪の都心にも、同氏が手掛けたホテルがある。
阪急梅田駅より徒歩3分、新御堂筋に面した一画に建つアルモニーアンブラッセ大阪だ。同氏の事務所からもそう遠くない場所。
建物の上半分は、南へ向けてわざわざとんがった、なんとも奇抜なデザインだ。まるで台の上にカットされたケーキが乗っかっているかのよう。
客室数はわずか38室なのだが、部屋の面積は34~80㎡と広く、室内にはカッシーナの家具が並んでいる。いわゆるラグジュアリーホテル?というクラスなのだろう。
この種のホテルには珍しく、全室にバルコニーが付いている。室内にはDVDデッキ、加湿器付空気清浄器、ネスプレッソマシーンを完備。アメニティグッズも、ブルガリで統一しているとか。
数ある大阪のホテルの中で、唯一無二の贅沢?を味わいたいという人はぜひ、といったところだろう。


P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


by kankoh-hotel | 2012-06-02 08:30 | PR特集 | Comments(0)
<< 【ホテル朝食自慢】 佐賀ワシン... ホテル朝食自慢 愛知県 >>