人気ブログランキング |

観光施設・宿泊施設などに関する記事型広告掲載サイトです。
by kankoh-hotel
カテゴリ
以前の記事
ハイアットホテルズアンド リゾーツ、新規ホテル「アンダーズ東京」を開業 東京都港区
【記事型広告 新規オープン】 2014.06.11

ハイアットホテルズアンド リゾーツは6月11日、世界では12軒目、日本では初となるアンダーズブランドのホテル「アンダーズ東京(Andaz Tokyo Toranomon Hills)」を開業した。

アンダーズは、ロンドンやニューヨーク、ハリウッド、上海などに展開するライフスタイルホテル。
地域の個性を大切にし、その土地の魅力をデザインやサービスに取り入れるため、それぞれのホテルが個々に異なる顔を持っているのが特徴だという。

今回開業したアンダーズ東京は、地上52階建ての超高層複合ビル「虎ノ門ヒルズ」の47~52階の6フロアに位置する。

同ホテルの内装デザインは、世界的に活躍する二人のデザイナー 、ニューヨークを拠点とするトニー・チー氏と日本人デザイナーの緒方慎一郎氏が担当。
内なる美、余分なものを削いだ純粋さを大切にする日本の美意識を尊重し、素材には和紙やクルミ材などの自然素材を取り入れた。
ふすまや障子のアイディアにヒントを得たデザインが空間の動きをつくり、シンプルでありながらも洗練された空間に仕上ったという。

47階~50階に位置する客室は、8室のスイートルームを含む全164室。
客室の広さはスタンダードでも50㎡を確保、東京の眺望が楽しめるほか、「日本のお風呂」の考えを取り入れた、広くゆとりのあるバスタブも完備した。
また、家のようにくつろいでもらいたいという思いから、部屋のミニバーのソフトドリンクやスナック、市内電話、WiFi接続はすべて無料で提供する。

51階のアンダーズラウンジの隣には、メインダイニングとなる「アンダーズタヴァーン」を設置。
52階までの吹き抜けを含む広々とした空間で、新鮮な日本の食材を使用、洗練された西洋料理を提供するという。

52階のルーフトップは、古典的な日本建築と庭園を現代的に解釈したフロア。
日本古来の神社は現代的なチャペルとして、おもてなしの場である茶室はルーフトップバーとして、思考と探求の場である書院はアンダーズ スタジオとして、3つのエリアで構成した。

アンダーズ東京の所在地は東京都港区虎ノ門1-23-4、交通は東京メトロ「虎ノ門」駅より徒歩約5分など。

遊都総研.comより

予約は
アンダーズ 東京


P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by kankoh-hotel | 2014-06-11 21:05 | 東京都 | Comments(0)
<< 東祥、大浴場付きの新規ビジネス... 新規ホテルオープン情報 201... >>